Japan.R とは

日本各地で統計処理ソフトウェアである R に関する勉強会が行われています。 Fukuoka.RHiRosima.R(HijiyamaR)、 Kashiwa.RKobe.RNagoya.ROkinawa.R(沖縄 R 同好会)Osaka.RSappoRo.RShiga.RTokyo.RTsukuba.RYamadai.RYokohama.R というように日本各地で開催されています。これらの勉強会の主催者や参加者が年に一度集まって開催されるイベントが Japan.R です。

過去の開催情報

第一回は 2010 年に統計数理研究所の立川キャンパスを利用させて頂き開催され、Japan.R 広報用サイトで告知されました。 それ以降も毎年開催され、第 2 回 Japan.R 午前の部: はじめての「R」第 2 回 Japan.R 午後の部: ブースセッション、LT 大会第 2 回 Japan.R 午後の部: ブースセッション、LT 大会で参加者を募集しました。 続いて、第 3 回 Japan.R 午前の部第 3 回 Japan.R 午後の部Japan.R 2013Japan.R 2014Japan.R 2015と開催されてきました。 当初は 40 名ほどの規模のイベントが現在では 200 名規模まで大きくなっています。 また、2015 年はThe Annual Japanese R user conference “ Japan.R 2015 ”にあるように R-bloggers にも紹介されました。

参加者の利用言語

去年は参加者が利用している言語のアンケートも実施しました。




運営メンバー

R 言語が好きで、コミュニティ運営に協力的な人たちで構成されています。運営メンバーを募集しています。r-wakalangという Slack 上にある#japan-rというチャンネルで議論しています。以下は運営メンバーにおけるサイト掲載希望者です。準備中の方もいます。




早川 敦士

高柳 慎一

森 清貴

松村 優哉

連絡先

@gepuroもしくは、へ連絡をお願いします。